企業が求めるWEBデザイナーとは

WEBデザイナーの転職に欠かせないポートフォリオですが、今は昔と違って自己アピールする方法が変わってきています。

WEBデザイナーの良いアピールの仕方

企業が求めるWEBデザイナーとは WEBデザイナーの転職に欠かせないポートフォリオですが、今は昔と違って自己アピールする方法が変わってきています。一昔前であれば、デザイン重視で、こんな事が出来る、こんなキレイなサイトを作る事が出来るという事をメインにしてアピールしてきました。ですが、今やそれだけですと、採用担当者の目には止まりません。では、どのような点に気を付ければ良いのでしょうか。それは、過去の作品を見せながら、しっかりとビジネス観点を盛り込んで自己PRをするという事です。ですので、ポートフォリオを通して、どのような結果が出たのかというのを話すようにしましょう。

そこで大切になるのが、単に結果や反省点だけを述べるのではなく、きちんと相手にも伝わりやすいように、客観的な数値を出すという事です。ポートフォリオには、出来る限りクライアントの情報を書いておきましょう。そして、自分が作ったサイトでユーザーに対してどのようなアクションを起こさせようとしたのか、また、何故このデザインにしたのかというのを上手に入れると良いでしょう。WEBデザイナーのポートフォリオは、どうしても作った作品だけをまとめて写真のようにしてしまいがちです。そうではなく、しっかりとビジネス視点で自己PR出来るようにしましょう。


Copyright(c) 2019 企業が求めるWEBデザイナーとは All Rights Reserved.